johanlog

趣味のカフェ巡りや旅行記・サッカー観戦記等、管理人の赴くままに♪

johanlog

不安と緊張の2回目の海外観戦その2

こんばんは、よはんです。

前回の記事から少し間が空いてしまいましたね、

 

 

次の旅行の航空券探したりしていました笑

 

では、早速前回の続きを、、、

W杯ブラジル大会でのウルグアイ代表FWルイス・スアレスの愚行による出場停止ですが、旅行に行く前に出場停止が明けて出場が可能になる日、つまりFCバルセロナデビュー戦の試合が決まりました。

サッカーファンならもうわかりましたかね?

そうです、なんとデビュー可能になる試合は世界で最も有名なライバル同士の伝統の一戦、『エル・クラシコ』で相手はクリスティアーノ・ロナウド擁するレアル・マドリードになりました!

この決定を聞いた私は子供のように喜んだことを今でも覚えています笑

私が何としても行きたかった試合がその試合だったのですから!!

当時のレアル・マドリードクリスティアーノ・ロナウド以外にも、イケル・カシージャスハメス・ロドリゲスルカ・モドリッチトニ・クロースがレギュラーとして君臨し、ベンチにもメキシコ代表のエース、【チチャリート】ことハビエル・エルナンデスサミ・ケディララファエル・ヴァランなどが控えるとてつもないチームでした。

対するバルセロナもメッシ、ネイマールに加え、シャビ、アンドレス・イニエスタイヴァン・ラキティッチ等これまた豪華なメンバー構成でした。

そこにスアレスが加わる可能性が高まったのですから興奮を抑えきれませんでした。

それからというもの私は、過去のクラシコの試合を何十試合と見直しました。

そしていよいよ渡航の日がやってきました。

今回はルフトハンザ航空を利用し、ドイツはフランクフルトで乗り継ぎを行った後に、スペイン入りするというものにしました。

観戦記はまた次回の記事で書いていきたいと思います。

また、私がサッカー観戦の際に訪れた街のおすすめスポットやおすすめのお店なども次回以降ご紹介できたらと思っています。

ではでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました♪

不安と緊張の2回目の海外観戦

こんにちは、よはんです。

前回の記事では初の海外サッカー現地観戦記を執筆しました。

記事の最後の言葉を覚えていますか?

 

 

 

スペインでの試合観戦後からはや一年が経とうとしてた2014年10月、

私は再びバルセロナの地に降り立っていました。

隣には母を連れて。

 

前回のスペイン訪問時は父を連れてきましたが、帰国後に父のお土産話を聞いて母も行きたくなったようでした(笑)

父を連れていったので平等にということで今回は母を連れてのスペイン旅行となりました。

飛行機代・ホテル代等で大金を支払いましたが、日頃の感謝と親孝行を兼ねてということで奮発しました。

この年は4年に一度のサッカーの祭典『FIFAワールドカップ』がサッカーの王国ブラジルで開催された年でした。

開催国ブラジルは準々決勝の対コロンビア戦でエースのネイマールが骨折し、準決勝のドイツ戦では歴史的大敗を喫してしまったあの大会です。

開催国エースのネイマールの怪我とともに話題をさらったのは、グループリーグでのイタリア対ウルグアイでイタリア代表DFキエッリーニに噛みついたウルグアイ代表FWスアレス選手です。

そんなスアレスFCバルセロナに移籍するとの情報を得て、私は再びバルセロナの地に向かうことにしました。

スアレスが移籍すれば、ブラジル・アルゼンチン・ウルグアイという世界的に見ても強豪の3か国のエースが3トップを形成することになるのです。

※のちにこの3トップは『MSN』と呼ばれ、歴史的な得点数を記録することになりました。

移籍が決まり、観戦する試合を決めましたが、、、、

上記理由によりスアレスに対して代表戦9試合の出場停止とサッカーに関するあらゆる活動の4か月禁止という重い処分を科しました。

つまり、見に行こうとしていた試合に間に合うか微妙になってしまいました。

処分から1か月が過ぎ、2か月が過ぎ、渡航までどんどん日がなくなってきて私は一時旅行の延期も考えていました。

ですが、試合自体がどうしても見たい対戦カードだった為に、海を渡る決心をしたのでした。。。

といったところで本日はおしまい

 

次回、よはんが見たかった試合とは?スアレスは出場できたのか?の2本立てでお送りします♪

 

海外旅行での持ち物について【機内持ち込み編】

こんにちは、よはんです。

前回の記事では海外旅行の際の持ち物ということでスーツケース編を書きました。

 

今回は機内手荷物編ということで書いていきたいと思います。

海外旅行時はバックパックを機内に持ち込むことが多いのでそちらで書いていきますね。

※街歩きでは小さめのショルダーバッグやクラッチバッグが多めです。

 

機内に持ち込むのは

1.パスポート

2.スマホタブレット

3.海外用SIM

4.財布(日本円及び現地通貨)

5.イヤホン

6.化粧水・リップクリーム

7.コンタクトケース・メガネ

8.カメラ

9.各種充電ケーブル

といったところでしょうか。

 

1.パスポート

  絶対に忘れないで下さい(笑)

2.スマホタブレット

  私はSIMフリースマホを通常から使っているのでそれと機内で写真を整理した

  り、文章を書いたりする場合があるのでその為にタブレットを持っていくように

       しています。

3.海外用SIM

  過去にはWIFI接続用のレンタル機器を持って行ったりしていましたが意外とかさば  

  ること、充電の必要があることなどを考え旅行中はSIMを入れ替えて使用するよ

       うになりました。

  ※アジア用、ヨーロッパ用というようにさまざまな種類のものがありますので聞

         いていただければ購入先・設定方法など、私自身の経験則で宜しければ説明し

         ますのでご連絡いただければと思います。

4.財布(日本円及び現地通貨)

    こちらに関しては日本円を数万円程度と日本で両替した現地通貨をある程度持っ

       ていきます。

  カード決済も可能なところも多くなっていますので、AMEX、VISA、MASTER、

  JCB各1枚ずつ持っていくようにしています。

5.イヤホン

  基本1人旅なので空港内に限らず機内でもイヤホンつけて音楽聞いています。

6.化粧水・リップクリーム

  乾燥しがちな機内では必須ですね。機内にも備え付けの化粧水等がありますが、

       やはり普段から使用している自分のお肌に合ったものが一番ですね。

7.コンタクトケース・メガネ

  前回の記事でも書きましたが、私よはんは視力が弱いです。ですので、日常はコ

       ンタクト着用になるのですが機内ではコンタクトを外してメガネをかけているこ

       とが多いです。コンタクトを着用したまま眠りたくないですしね。

8.カメラ

  これは旅行の必需品ですね。

  基本的には、ミラーレス一台と換え用のレンズ一本、それとアクションカムを携

       帯しています。

  ミラーレスはオリンパスでアクションカムはGoProです。

9.各種充電ケーブル

  機内でも写真を撮ったり、スマホを弄ったりしますのであると便利ですね。

 

正直、これだけ持っていけばどこへでも行けてしまうと思います。洋服は現地調達も可能ですし。

 

皆さんはどういったものを持っていきますか?

良かったら教えてください♪

 

それでは本日はこの辺で。。。

海外旅行での持ち物に関して【スーツケース編】

こんにちは、よはんです。

 

旅行記の途中ですが、今回はよはんが海外に旅行する際に必ず持っていくものを紹介していきたいと思います。

まずは荷物を入れるためのスーツケースです。

私は2泊までであれば、『RIMOWA SALSA』32Lを持っていきます。

機内持ち込み可能なサイズで現地到着後に荷物が出てくるのを待つ時間が省けるのは短期旅行では大きいですよね。また、預入しないのでロストバゲージの心配がないのも非常に大きいかなと思います。

3泊以上の場合や、買い物を大量にする予定がある場合には『RIMOWA TOPAS・STEALTH』91Lを持っていきます。

こちらは預入する為に、なるべく丈夫なものをということで購入しました。

海外でのスーツケースの扱いは決して『丁寧』ではないですからね。。。苦笑

 

ではでは本題に、、、

そのスーツケースに入れて持っていくものですが、以下に列挙していきますね。

  1. コンタクトレンズ・洗浄液
  2. シャンプー・コンディショナー・ボディソープ他洗面用具
  3. ヘアワックス・ヘアスプレー
  4. オイル
  5. 着替え
  6. ハンカチ・ティッシュ
  7. コンセント変換器・各種充電器
  8. ビニール袋・エコバッグ・衣類圧縮袋・ビニール製折り畳みバッグ
  9. 新聞紙
  10. インスタント食品

これくらいですかね💡

では順を追ってみていきましょう。

1.コンタクトレンズ・洗浄液

  私よはんは視力が物凄く弱いです(両目とも0.05未満。。。)

  ですので、これは必須です。

2.シャンプー・コンディショナー・ボディソープ他洗面用具

  こちらに関しては、宿泊先によってはシャンプー・コンディショナーがオールイン   

  ワンのところも少なくないこと。また、日本製の方が品質が良いのでトラベル用に 

  小分けになっているものを持っていくようにしています。

3.ヘアワックス、ヘアスプレー

  こちらは、普段から使っているものを使いたいので無印良品で購入した小さなケー   

  スに詰め替えて持って行っています。

  ちなみに私が使用しているワックスは以下の通りです。

  ・ミルボン/ニゼル ボールドメイククレイSH

  ・LIPPS/グロスムーブ

  ・ミルボン/プレジューム7

  ご参考までに♪

4.オイル

  私は2つのオイルを使用しています。

  ・ナプラ/N. ポリッシュオイル

  ・NUXE/プロディジューオイル

  2種とも髪・身体どちらにも使用できるので気分で使い分けています。

5.着替え

  これは当然ですね。

6.ハンカチ・ティッシュ

  こちらも当然ですが、ティッシュは普通のポケットティッシュとウェットティッ  

  シュの両方を持っていくようにしています。

7.コンセント変換器・各種充電器

  各国で異なるコンセントに対応するためユニバーサル電源を持っていきます。

  また、デジカメバッテリ用の充電器やスマホ用充電ケーブル等を持参しています  

  が、スマホ用の充電ケーブルは断線する恐れもあるので2本必ず持っていくように  

  しています。

8.ビニール袋・エコバッグ・衣類圧縮袋・ビニール製折り畳みバッグ

  こちらは着替えたものを入れたり、食べ歩きした際のゴミを入れる為に持っていき  

  ます。

  エコバッグは、海外ではスーパー等のレジ袋はほぼ有料ですので買い物用に持参し  

  ます。

  衣類圧縮袋に関してはどうしても出発した時より乱雑になりやすいスーツケース内 

  の整理とスペース確保の為に使用します。

  折り畳みバッグはお土産を買いすぎてしまいスーツケースに荷物が入りきらなく

  なってしまった際に衣類のみこちらのバッグに移して持ち帰ってきます。

9.新聞紙

  私は海外に行って、食器やカトラリー、瓶のお酒や食品を購入することが多いので

  そういった割れ物保護の為に持っていきます。

10.インスタント食品

  これは日本食ですね(笑)1週間以上日本を離れるとお味噌汁が飲みたくなったり

  するので数食分スーツケースに忍ばせておきます。

  毎回余るのでホテルで良くしていただいた際にはスタッフにあげてきます。

  決して在庫処分ではないです!!(笑)

 

記入したものはそれなりにありますが、出国時にはスーツケースの半分も埋まっていません。

異国の地ということで日本と勝手が違うことが多々ありますので、なるべく日本で使っているものを使いたいなということが私の思いです。

旅行時に大容量は必要ないのでオイルやワックス等は日本で小瓶に移して持っていくことがポイントですね💡

 

ではでは今日はこの辺で♪

次回は機内に持ち込むバッグの中身ついて書いていこうと思っています。

【銀座】店内の盆栽は圧巻の一言【BONGEN COFFEE】

こんにちは、よはんです。

BONGEN。。。盆源。。。盆。。。

 

早速ですが、皆さんは『盆』という漢字から何を想像しますか?

 

 

盆栽ですよね?(笑)

ということで、今回は銀座にある【BONGEN COFFEE】をご紹介します。

 

アクセス

住所:東京都中央区銀座2-16-3

電話番号:03-6264-3988

銀座線/都営浅草線[東銀座駅]3番出口より徒歩4分

有楽町線[新富町駅]1番出口より徒歩4分

銀座線/日比谷線/丸の内線[銀座駅]A13番出口より徒歩8分

歌舞伎座の裏手の通りを少し入ったところにあります。

  

営業時間

10:00~20:00年中無休

  

和風な店舗

 

f:id:Johan_14:20190210070528j:plain

ブタさんが可愛いです(笑)

 

f:id:Johan_14:20190210070516j:plain

 

f:id:Johan_14:20190210070557j:plain

素人の私が見ても素晴らしいものだと一目でわかりました(;'∀')

  

いざ、実食

 

f:id:Johan_14:20190210070503j:plain

 

f:id:Johan_14:20190210070613j:plain

コーヒー飲みながら塩結び♪

f:id:Johan_14:20190210070626j:plain

エスプレッソの中にみたらし団子です!

  

オリジナルグッズ

 

f:id:Johan_14:20190210070541j:plain

写真以外にもタンブラーなどが販売されていました♪

  

感想

 

店舗自体は小さいですが、大変落ち着けるお店でした、

場所柄、海外の方の来店が多いように感じました。

コーヒーがおいしいことはもちろんですが、塩結び。。。。絶品でした♪

盆栽と和空間。そんな中で飲むコーヒー、なかなか『乙』だと思います。