johanlog

趣味のカフェ巡りや旅行記・サッカー観戦記等、管理人の赴くままに♪

johanlog

アスレティック・ビルバオーFCバルセロナ試合当日 その3

こんばんは、よはんです。

 

それでは早速前回の続きです♪

 

 

何とか時間を潰し(笑)スタジアムへ向かいました。

スタジアムへ向かう途中に小腹が空いたので偶然開店していたケバブのお店に入りました。

注文をし料理を待っていると店員さんが話しかけてきました。

店「旅行?」

私「そうだよー」

店「どこから来たの?」

私「日本」

店「日本は素晴らしい国ね、大好きな国だよ」

私「ありがとう」

そんな会話をし、

店「サービスするね!」

と言って、ボリューム満点のケバブを提供してくれました(笑)

✂----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私を含め外国語があまり話せず旅行に行くことを躊躇する方も少なくないと思います。

ですが、普段と違う国・文化・人と接することは自分の成長にもつながりますし、視野が広がると思います。もちろん海外に行って良い経験・良い思い出だけではないかもしれません。

つまりそれは日本の素晴らしさを再認識する良いきっかけにもなるのではないでしょうか?

✂----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

話を戻します。

しばらくすると試合会場であるサンマメスバリアが見えてきました。スタジアムの外では、ユニフォームやタオルマフラー他、グッズを販売する人達がたくさんいました。

※スタジアム外で販売しているものの多くは値段が安いです。ですが、メーカーロゴがなかったり、背番号がプリントでなかったり、生地感が正規品とは異なるものが大多数ですのでそのあたりをよく考えて商品を見て下さい。

スタジアムに到着し、隣接するバーでドリンクを飲み、いよいよスタジアムに入ります。

ヨーロッパサッカーのサポーターは熱狂的なことで知られ、発煙筒等の持ち込みが日常茶飯事の為、スタジアムに入る前の荷物検査は厳重に行われます。

国によってはリュックのような大きなバッグの持ち込みや望遠レンズの持ち込みを禁止しているところもありますので、現地観戦を予定されている方はなるべく荷物を少なくしての観戦をお勧めします。

※持ち込み禁止のものは没収という形ではなく、荷物預け入れカウンター等がありますのでそちらに預けてからの入場になります。

荷物検査を終え、チケットのバーコードを読み込ませいざスタジアム内へ。

階段を駆け上がり座席最寄りのゲートをくぐったその先には。。。

 

 

次回は、いよいよ観戦記になります♪

アスレティック・ビルバオーFCバルセロナ試合当日 その2

(この行を消して、ここに「ドルツのここが好き」について書いてください)

こんばんは、よはんです。

 

それでは前回の続きです♪

 

バルセロナエルプラット空港での夢のような体験で気分は最高潮でしたが、機内に乗り込むとそこには夢の続きが待っていました。

飛行機は小型のもので、搭乗ゲートから階段を降り、滑走路付近を歩いて飛行機に乗り込みました。

また、諸事情によりこの時の航空券は座席指定ができませんでした。

飛行機に乗り込み搭乗券に記載してある座席に向かうと私の座席の数席前にネイマールが座っていました。その付近には、シャビ、イニエスタ、ソング、ピント等バルセロナの選手達が。。。

そうです、ここでやっとネタバラシです。

私が初めて海外サッカーを現地で見たのは、FCバルセロナの選手とFCバルセロナチャーター機で移動し、アウェーの試合を観戦するといったものでした。

FCバルセロナはアウェーでの試合ではチャーター機を使い移動することになっており、1試合当たり数名のサポーターを同乗させ試合開催地へ移動するというツアーを発売していました。

私はその権利を勝ち取り、この夢プランを実現させました。

全世界にファンクラブ会員18万人以上を抱える超人気チームにおいてこの権利を取得できるチャンスがあると知った私は即座に申し込みを行っていました。

権利を取得してから数か月の間、期待に胸を躍らせて様々な妄想をしていました。その妄想が現実のものとなったのです。

フライト時間は1時間強の短距離フライトでしたが、選手達に配布された軽食を私達もいただけ、あっという間にビルバオの空港に到着してしまいました。

そこで選手達とは一旦別れ、試合時間までの半日程度は自由時間となりました。

試合当日は日曜日ということもあり、商店やレストランは開いていないところも多く、時間を潰すのに苦労しました(苦笑)

バスク地方は美食の街と言われているので是非レストランで食事をしたいと思っていたのでその点は残念に感じました。

ですが、残念なことばかりではありませんでした。

ビルバオには美術館があり、運よく開館していたので入ることにしました。

美術館の名前は『グッゲンハイム美術館』といい、美術館の屋外に設置されている花で覆われた巨大な犬の展示物【PUPPY】があります。PUPPYは高さ12メートル、重さ15トン、約4万本の花で装飾されていることからもどれだけ巨大かわかっていただけると思います。

その他にも巨大な蜘蛛のオブジェ【Mamá】がありました。こちらに関しては名前だけ聞いてもイメージがわかないと思いますが、六本木ヒルズにあるアレです(笑)

美術館内にも多数の展示物があり、楽しく過ごすことができました。

そんなこんなで試合が開催されるスタジアムの開場時間が近づいてきたのでスタジアムへ向かうことにしました。

 

次回記事では、スタジアムに入るまでの出来事を書いていこうと思います。

アスレティック・ビルバオーFCバルセロナ試合当日その1

どうもこんにちは、よはんです。

 

前回の続きになります♪

 

試合当日はバルセロナに宿を取っていましたが、ビルバオでの試合だった為、ユニフォームを片手に早朝バルセロナエルプラット空港に向かいました。

空港到着後、チェックインカウンターで搭乗券を受け取り、秘密の通路に。。。

 

ここからが夢の始まりで、私がスペインを訪れた最大の理由でした。

搭乗ゲートは一般ゲートから少し離れたあまり目立たない場所にありました。

そこでは同じ飛行機に乗るであろうユニフォームを身にまとった数名のサポーターが既に待機していました。

また、そこには報道陣も多数駆けつけて待機していました。

そこで搭乗開始までの40分程度待つことになったのですがその時は突然来ました。

周囲のざわつきで何かを悟った私は手に持ったユニフォームを持ちある場所に駆け寄っていました。

そこにいたのは、FCバルセロナ会長のバルトメウでした。

バルトメウの写真を撮り、写真を見返しているとそこにはその後、ドイツブンデスリーガの日本代表香川真司擁するドルトムントに移籍することになるマルク・バルトラが颯爽と歩いてきました。そして次から次へと有名選手が出てきました。シャビ・エルナンデスアンドレス・イニエスタジェラール・ピケアレクシス・サンチェス。。。

その他招集メンバーから写真やサインをもらい興奮が最高潮に達したその時でした、

一人の男が電話をしながら出てきました。

パリサンジェルマン所属で王国ブラジルのエースナンバー『10』を背負うネイマールです。

数か月前に入団したとは思えない程、堂々とし物凄いオーラを放っていました。

私は緊張の中、ファンであること、あなたを見に来たことを早口で説明し、写真とサインを貰うことができました。

ネイマールを含むバルセロナの各選手は試合前でしたがどこかリラックスした様子でファンサービスに応じてくれました。

憧れの選手達と触れ合えたことがしばらく信じられずボーっとしていたところ、搭乗時間になり、機内へ乗り込むことが許可されました。

 

 

 

夢の続きは次回の記事で♪

初めての海外サッカー観戦@バルセロナ

(この行を消して、ここに「私の未来予想図」を書いてください)

どうもこんにちは、よはんです。

 

今回はタイトルの通り、私が初めて行った海外サッカー観戦の記録をお話していきたいと思います。

初めて海外サッカーを現地観戦したのは2013年のことです。

対戦カードはアスレティック・ビルバオFCバルセロナでした。

まず私がこのカードを選んだ理由が2つありました。

1つ目としては、試合会場がこの年に完成予定だったビルバオの本拠地『サンマメスバリア』だったことです。

※実際は試合当日も完成していませんでした(笑)

2つ目としてはこの年の夏にFCバルセロナにあのネイマールが入団したからです。

既にエースとして君臨していたメッシとネイマールのプレーを自分の目で見たいと思いいてもたってもいられず、チケットをポチっとしていました。

その当時の私は海外旅行自体もさほど興味もなく、仕事上まとまった休みもとれなかったため、せっかくならということで父親との二人旅を計画しました。

父親もサッカーが好きだったことと、旅費をすべて私が負担するということですぐに行くことを決断してくれました。

試合数日前に現地入りし、父親とバルセロナ観光をしたりしていました。

そして試合前日に召集メンバーが発表され、ここで恐れていた事態が発生してしまいます。。。

なんと、メッシが怪我の為、試合を欠場するということでした。

楽しみであった、メッシとネイマールの競演が叶わなかったことで私も父親も非常に落胆しました。

ですが、このことで私たち親子にはそれ以上に残念なことが発生してしまいました。。。

それは次の記事でお伝えします(´;ω;`)

その前に当日のFCバルセロナの召集メンバーを書いておきたいと思います。

ピント、オラサバル、モントーヤ、ピケ、ファブレガス、シャビ、ペドロ、イニエスタ、アレクシス、ネイマールマスチェラーノ、バルトラ、ブスケツアドリアーノ、ソング、セルジ・ロベルト、パトリック、アダマ

以上になります。これだけでも十分凄いメンバーですね(笑)

 

この豪華メンバーと次回は。。。

今回はここまで。

 

次の記事では試合当日の様子について書いていきたいと思います♪

自己紹介

こんにちは、よはんと申します。この度、ブログを開設してみました。

頑張って更新していくつもりですので、お楽しみいただければと思います。

 

まず、年始のお忙しい中、ご覧頂き誠にありがとうございます。

当ブログは私の好きなサッカーに関して自分勝手に語っていきます。

サッカーが好きで毎年海外に観戦旅行に行っているので海外サッカーの観戦方法や練習見学、チケットの入手方法についても書いていければと思います。

まずは好きなクラブについてです、

一番好きなクラブはアルゼンチンのリバープレートです。以前所属していたダレッサンドロ選手のファンでよく現地に観に行く夢を見ていたものです。笑

リバープレートには他にもアイマール選手等歴代のアルゼンチン代表選手が所属していました。

所属選手もそうですが、それ以上にサポーターの熱気に心を奪われました。

彼らはクラブワールドカップが日本で開催されていた際にも地球の裏側である日本まで1万人以上で来日しました。

地響きを起こすような大声援でテレビ画面越しでもその迫力に鳥肌が立ち、興奮したことを昨日のことのように覚えています。

 

それ以降、海外サッカーへの興味はそれまで以上に大きくなり、いつか現地で観戦したいという気持ちが強くなりました。

 

社会人になり、忙しい毎日を過ごす中でも週末のヨーロッパ各地のサッカーを深夜遅くまでテレビで観戦していました。

 

月日は流れ、実際に観戦する機会が訪れました。

 

私が海外サッカーを現地で初めて観戦したのはスペインはバルセロナカンプノウスタジアムを本拠地にするFCバルセロナの試合でした。

そこからドイツブンデスリーガを中心にUEFAチャンピオンズリーグヨーロッパリーグネーションズリーグ等々毎年海外サッカー観戦旅行に行くようになりました。

ちなみにチケットに関しては日本のチケット代理会社等を通しての購入ではなく、公式サイトやチケット交換サイト等を活用して入手していますのでチケット一枚に数万円を払うようなことはしておりませんのでその点は先にお伝えしておきます。

 

次の記事では私が初めて海外で観戦した試合に関して書いていきたいと思います。